NYダウ反落、欧州市場は鉱山や銀行などを中心に買い優勢

「NYダウ反落、欧州市場は鉱山や銀行などを中心に買い優勢」

強気材料
・米キャタピラー、強気の業績見通しが好感され大幅高
・欧州株式市場、鉱山や銀行など景気敏感株中心に買い優勢
・外国人の日本株買越額、1月3週は6ヵ月半ぶり高水準
・政府、地熱発電の普及に補助制度
・NY金続伸、超低金利政策の継続で資金流入期待
・LMEニッケル、大幅続伸

 

弱気材料
・ポルトガル国債利回り、債務懸念が燻り一時最高に上昇
・NYダウ反落、市場予想を下回る住宅指標を嫌気
・米半導体SOX指数、反落
・米12月新築住宅販売件数、年換算で30.7万戸と市場予想を下回る
・任天堂、米年末商戦振るわず期中3度目の下方修正
・バルチック海運指数、27日続落
・東証REIT指数、続落

 

留意事項
・金融庁、毎月分配型投信の配当しすぎ歯止め
・NEC、5000人削減で構造改革
・エルピーダ、4-12月期営業損益は900億円の赤字との観測
・総務省、通信障害でドコモを行政指導
・ドル/円(77円44-46銭)
・ユーロ/円(101円50-54銭)
・NY原油先物、小幅続伸(1バレル=99.70ドル)
・NY債券市場、続伸(10年債利回り0.063%低下)
・長期金利、低下(10年債利回り0.975%)
・消費者物価指数(CPI全国12月、東京都区部1月中旬)
・12月商業販売統計
・日銀政策委員会、金融政策決定会合の議事要旨(12月20・21日分)
・スタートトゥや日電硝、新日鉄、オムロン、NTTドコモなど決算発表
・米10-12月国内総生産(GDP)
・米決算:シェブロンやP&Gなど

・株式市場休場(上海、台湾)

FX(外国為替証拠金取引)は、為替相場の急変動、金利市場の変動により予期せぬ損失、また預け入れた投資金以上の損失が発生する可能性があります。借り入れなどによる投資は絶対おやめください。また証拠金入金のクレジットカード利用はできません。